サービス

ソーシャルクリッピング

ソーシャルクリッピングとは

ソーシャルメディア(ブログ、掲示版、Twitterなど)の投稿をモニタリング、調査、分析するサービスです。
個人の発信がベースとなるソーシャルメディアは、口コミによる情報の普及や、炎上トラブルの問題など年々影響力を高めております。「ソーシャルクリッピング」ではシステム検索による広い収集と調査員の目視チェックを組み合わせることにより、個人の表記のゆらぎを読み取り、不要な内容を除外したより精度の高いレポートをご提供します。

写真:調査員による目視チェック

サービス料金

一括納品の場合

(税別)

基本料金
(1テーマ)
ブログ、掲示板、SNSいずれか1つ 30,000円
データ抽出料金 1記事 100円
デイリー納品の場合

(税別)

基本料金
(1テーマ)
ブログ、掲示板、SNSいずれか1つ 100,000円
ブログ、掲示板、SNSいずれか2つ 130,000円
ブログ、掲示板、SNSすべて 180,000円
データ抽出料金 上記基本料金に含む

(税別)

統計レポート オプション 30,000円
マーケティングレポート オプション 30,000円

<例1>

ワイズ食品会社が半年前より発売開始した自社商品「ワイズパスタ」の含まれるクチコミ情報ソーシャルクリッピング(ブログのみ)を過去半年分行い、500件のクチコミ記事が出た場合

基本料金 1テーマ:ブログ(過去一括調査) 30,000円
データ抽出料金 100円 ✕ 500件 50,000円
合計 80,000円
※統計レポートを付けた場合:+30,000円

※この他、他媒体につきましても調査可能となっておりますのでお問い合わせください。

特徴

1. ユーザー目線と専門的な視点で、より高精度な情報収集と分析が可能

調査担当がユーザー(一般消費者)と同じ目線で調査します。ソーシャルメディアの情報は、個人の意見の読み取りが重要です。システム検索した記事を目視チェックし、誤字脱字等を含んだ文脈まで丁寧に読み取ることで、適切な判断で必要な情報のみをご報告します。

2. Excel、ASP報告で、ご要望に合わせたご報告形態

ご報告は、Excel一覧表、ASPより選択可能です。調査期間は、ご指定の期間で行います。

ご報告方法はExcelやPDF、CSVのメール納品かASP納品(アカウント発行)から選択可能です

3. 目視チェックならではの分析力

目視チェックによりポジ・ネガ分類や内容仕分けをおこない、傾向分析した集計レポート(簡易版)をご提供します。オプションサービスで、さらに分析力を高めたレポート(統計レポート、マーケティングレポート)をご提供します。

ソーシャルクリッピング対応メディアについて

ユーザーの意見、口コミが反映されやすい各ソーシャルメディア媒体に対応。ブログやSNSの炎上、トラブル、商品の口コミの収集といった必要とされる情報に合わせて、各媒体から情報をモニタリング、調査します。

1.ブログ クリッピング

・Amebaブログ、livedoorブログ、ココログなど約30プロバイダのブログをカバー

2.掲示板 クリッピング

・2ちゃんねる、textream、Yahoo!知恵袋、@cosme、価格.comなどをカバー

3.mixi クリッピング

・mixi日記やmixiコミュニティをカバー

4.Facebook クリッピング

5.Twitter クリッピング

  • ※それぞれ「一般公開」されているもののみモニタリング、調査対象となります。
  • ※mixi日記、Facebook、Twitterは過去の調査が難しい場合がございます。

オプションサービス

統計レポート 膨大なローデータを直感的に把握いただけるよう、グラフを使った集計レポートを作成します。時系列グラフで視覚でも把握しやすいグラフの作成、ポジ・ネガ分類を詳細化し調査担当が丁寧な分析を行います。
マーケティングレポート 調査員同席にて事前に詳細打合せを行ったうえで調査分析に着手し、多角分析したレポートを作成します。収集した情報から市場投入状況や動向、市場反応などを分析し、効果測定などにご活用いただけます。

お問い合わせ

商品、サービスに関するお問い合わせはこちらのメールフォームからお問い合わせください。

クリッピング

クリッピング

WEBニュースクリッピングでは掲載記事確認を行い、主に広報活動成果を収集します。
SNSクリッピングでは話題の波及を隅々まで収集し要望に合わせて分類・分析なども行います。

広告換算

広告換算

掲載記事などの数量をみた定量的な評価とは別に、記事の見られやすさから評価を行い金額化します。

リスクマネージメント

リスクマネージメント

掲載記事クリッピングのほかに、SNSにおいてリスク系ネガティブなカキコミ、投稿の調査を行い、早期発見や状況把握、今後の対応の参考として活用いただける情報を提供します。

広報太郎

広報太郎

広報活動においての掲載記事、リリース、取材・会見、記者などの情報を一括管理し企業としての情報資産として戦略的に共有・活用することをサポートします。