品質管理ポリシー

ワイズワークスプロジェクトは品質管理を経営の重要課題に位置付け、次のようなポリシーを策定しています。

品質方針

ワイズワークスプロジェクトは「情報資産の有効なる活用をサポートする」ことを目標に品質活動を展開しています。

1. 社内品質管理プロセスを遵守し、またこれを継続的に改善する

  • 人的判断による情報の偏りを回避するため、各作業ステップにおいてグループ監査を行っています。

2. 経験を会社の財産として蓄積し、積極的に活用する

  • 品質活動にナレッジマネージメント活動を活用し、品質向上につなげます。

高い品質を実現するための組織作り・システムの整備・トレーニングの実施を継続し、お客様に安心してご利用いただけるサービスをご提供します。

品質管理プロセス

ワイズワークスプロジェクトは社内品質管理プロセスを下記の通り実施しています。

1. 設 計

  • 依頼内容と相違無い情報を提供する為に、本調査前に事前調査を実施し調査ワードの設定を行います。

2. 調 査

  • 調査軸がずれぬよう、各案件ごとに担当者制を取っています。
  • システムに加え、目視により情報を精査しています。
  • 入力ミス防止のための手順と基準を設け、それに従って業務を進めています。

3. 報 告

  • 設定された納期までの報告を遵守します。

4. トレーニング

  • 新人スタッフには当社規定のトレーニングを実施し、作業補佐を経て、実務作業に参加しています。
  • 調査環境の変化に対応できるよう、スタッフ間の情報共有の場を定期的に設けています。